今日からできるwebライター!手軽ななり方教えちゃいます

- ライターとして仕事したい人へ

ライターとして仕事したい人へ

インターネットが普及していない時代にも「内職」と呼ばれる、いわゆる“家の中でできる仕事”は多かれ少なかれありました。
その「内職」が今は、「在宅・SOHO・クラウドソーシング」といった言葉で広がりを見せ、ネットさえ繋がっていれば気軽に仕事が選べ、働くことができるようになっています。
ライターの仕事も、そんな働き方の1つとして、注目されています。

どんな仕事?

パソコンに向かう男性
雑誌や書籍、Webなどの記事を書くこと、基本的には「テーマ・キーワードにそって文章を作成する」ことが主になります。
Web上では、ホームページの記事を書く依頼や、ブログ記事の作成、ニュースサイトの情報更新、メルマガなど、さまざまなライティングで収入を得ることになります。

依頼時に添えられるテーマやキーワードは、ダイエットや肌ケアなどの美容関連、旅行関連、企業サイトの文章や本の紹介など、発注する側により本当に様々です。
そこに「何のための記事か」「ターゲットは誰か(年齢層・興味のある人)」といった点を踏まえて、文章の内容を考え、わかりやすく組み立てていく必要があり、“読ませる記事”としての文章力と構成力が求められます。

ライターとしてやっていくには?

フリーランスとしてであれば、稼ぎが多くても少なくても自称「ライターやってます」で済んでしまいますが、それなりの収入を得られることを目指していくなら、記事を書く上でのスキルの向上をしっかり考えていかなくては意味がありません。

1.知識を持つこと
得意とする専門分野が1つでもあるに越したことはありませんし、幅広くいろいろな分野に精通しているなら、それがライティングに役立つことは言うまでもないでしょう。
ですが、時勢は日々刻々と変化していきますから、テレビでもSNSでもニュースサイトでも、毎日何かしらの情報を得る手段の確保はとても大切です。

2.検索力を身につける
記事を書く上で、どうしても必要になってくるのが「検索」です。
依頼者から記事内容のジャンルやテーマなどの条件は提示されますが、記事を書く前段階になってから更に詳しく調べる必要が出てくるので、「OR検索」などのちょっとしたテクニックも身につけておくと便利です。
これらの知識を身に着けることが、Webライターとして収入を得ることの第一歩となるのです。

まずは何より募集サイトへ

有名ライターであれば、黙っていてもオファーが飛び込んでくるものですが、駆け出しの場合はそうもいきません。
まずは、「ランサーズ」や「Shinobiライティング」など、ライティングの仕事を募集しているサイトがたくさんありますので、まずは登録しましょう。自分に合った仕事を探し、記事をどんどん書いていってください。
とにかく書き続けることで、文章力も執筆速度も上がっていきますので、たくさん仕事をこなして、執筆スタイルの確立やライティングのスキルを上げていきましょう。