ライター応募の前に心得ておこう

- ライター応募の前に心得ておこう

ライター応募の前に心得ておこう

ライターの募集に応じると、採用・不採用を決定するための「テスト記事」の執筆を求められることがあります。また、採用後のオファーでも注意すべき基本というものがあります。
最低限これだけは心得ておいたほうがいい、というものについて説明していきます。

執筆ルールは厳守が基本

ルールと書かれたブロック
記事作成の依頼があった際には、幾つか執筆のルールが提示されます。
記事内容のジャンル、テーマはもちろん、文字数、文章に入れるキーワードや共起語の指定、その個数も指定されることがあります。
執筆の前にルールをきちんと頭に入れてから、漏れのないように書き進めていく必要があります。
これは、ライティングにおいては基本中の基本ですので、必ず厳守してください。

誤字脱字は付きまとう

文章入力でどうしても付きまとうのが、誤字脱字です。
タッチタイピングができる方は、画面を見ながらの入力で間違いにすぐ気づけることがありますが、それでも100%というわけにはいかないこともあります。

1.入力後、時間を置いてから確認する
記事を書いた直後は、文章の印象が頭に強く残っているので、間違いに気づきにくいときがあります。大急ぎの案件だった場合は別ですが、最低でも数時間ほど置いてからの確認がベストです。

2.記事を“読み物”として読まない
簡単に言えば「内容に共感しない」「淡々と読んでいく」ことが前提になります。
人間の脳は、多少の間違いであれば自然に言葉を補完して読んでいるもので、実はこれが間違い発見の邪魔をしてしまっていることがあります。
「送り仮名に重点を絞る」「文節を区切って確認する」など、確認方法の工夫が必要です。

3.音声ソフトを使っての音読
間違い発見には、音声ソフトはなかなか役立ちます。
自分で読むも1つの手ですが、もともと音読が苦手な人は、読むほうに集中してしまい間違い発見に至らないことがあります。こういった方は、音声ソフトを使用するのもいいでしょう。
しかし、一番大事なことは自分がどんな記事を書きたいか、というビジョンを明確にすることでしょう。

わかりやすい文章を目指して

記事の執筆には、構成力や読みやすさなどが求められ、場合によっては修正依頼がかかることもあります。
ですが、文章執筆というものは、書けば書いただけレベルアップしていくものです。
これも、ライターとしてスキルを上げていくための大切な通過点ですので、焦らずに続けていくことがポイントです。