Webライターとして収入を得ること

- Webライターとして収入を得ること

Webライターとして収入を得ること

最近では、Web上から募集をかけ、応募するという形で、発注・受注できる仕事が増えてきました。
その中でもライターは、文章力さえあればチャンスが生まれる、人気のある仕事の1つです。
まずは、その出発点となるところから考えていきましょう。

クラウドソーシングとして

ライターの「入り口」として始めやすいものの代表としては、まずクラウドソーシングが挙げられます。
クラウドソーシングとは、「仕事を求める人」と「仕事を発注したい人」がそれぞれ情報を登録し、マッチングさせるサービスをいいます。ライティング専門のところもあれば、ライティング以外の多岐にわたる仕事まで幅広く扱っているところもあり、自分の得意分野に合わせて、受注した仕事をこなしていくことになります。
なお、どの様な仕事でも決まりがあるように、webライターも執筆ルールは厳守が基本ですので、しっかり守るようにしましょう。

どれくらい稼げるのか?

小銭を持つ人
結論から言いますと、大抵の場合「大金を稼ぐ」ことは、すぐには難しいでしょう。
ライターの仕事で生活費にできるほどの収入を得ようという方は特にですが、最初のうちは“あまり稼げない”ことを念頭に置いての受注を心がけたほうが無難です。
また、お小遣い稼ぎ・家計の足しにというような少額だと、日常の片手間にできるのでは……と考える方もいると思いますが、執筆は集中力がいかに持続できるかが鍵となります。
最初の数ヶ月は「自分の得意分野を見つけること」「自分にとってライティングに適した環境を探すこと」を念頭に執筆ペースを掴んでいくことが大切です。
執筆のペースが上がれば、自ずと受注できる記事数も増えていきます。

焦らずに力をつけていく

記事の報酬は、記事内容によって「1文字○円」という文字数の単価で決められるものや、「1記事○円」の案件単価、ほかに時給・ページ単価といったもので決められることもあります。
記事の内容に求められるクオリティが上がれば上がるほど報酬も比例していくことはもちろん、文章の構成力や、記事を書くために必要なWeb検索力などが必要となります。
場合によっては専門的知識が必要な記事の執筆をすることもあります。自分の実力を過信せず、焦らずに執筆の数をこなしていく根気と粘りが大切です。