「自分の働き方」と照らし合わせてライター登録

- 「自分の働き方」と照らし合わせてライター登録

「自分の働き方」と照らし合わせてライター登録

ここでは、クラウドソーシングとしての「ライター募集」サイトを幾つかご紹介していきます。
一口にクラウドソーシングサイトといっても、それぞれに特徴があり、ご自身の執筆経験や得意ジャンル、また将来的にライターとしてどのようにやっていきたいか……といった観点から、どのサイトが自分に合っているのかが変わってきます。

ランサーズ

日本で初めてできた、最大規模のクラウドソーシングサイトです。
ライティングの仕事はもちろん、ウェブサイト関連の仕事、翻訳・通訳、デザインといったものから、簡単なアンケートやデータ入力など、多岐にわたる募集が掲載されています。
ライティング以外にも自分の力を活かしたい分野がある、他の仕事と並行したい等、いろいろな仕事を請け負いたい方には登録をオススメします。

クラウドワークス

ランサーズと同じく、ライティング以外の仕事も多岐にわたって募集が掲載されているサイトです。
クラウドワークス最大の特徴は、会員どうしが意見や質問、雑談などを交わせる交流の場「おしゃべりルーム」があることでしょう。ここでは、利用している会員の率直な意見や情報交換が行われ、いつも賑わっています。

Shinobiライティング

ライティング専門のクラウドソーシングサイトです。
募集している記事ジャンルのカテゴリがとにかく豊富です。また、文字数から執筆案件を選択できるようにもなっており、未経験の方がライターの仕事を始めるスタート地点としては最適といえます。

サグーワークス

こちらも案件の数は豊富で、ジャンルも多岐にわたっています。
指定されたテーマでのライティング以外にも、データ入力やアンケートなど「文章入力」に特化した案件を扱っています。
また、一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会が行っている「WEBライティング技能検定」に合格すると、サグーワークスでの報酬面が優遇されますので、本格的に稼ぎたいとお考えの方にはオススメです。

おうち稼ぎ

こちらは、株式会社プロペディアという企業との「個人事業主への業務委託」という形で、ライター契約が必要です。まずテスト記事の提出があり、これによって採用・不採用が決定されます。
また、育成システムがあり、特に教育費などの費用はなく、実際の仕事をしながらライティングの技術を学んでいけます。
以上の様に様々な窓口が存在しますが、どこを利用するにしてもライターとして収入を得たいと考える以上は、締切の連続になるという事を頭に入れておきましょう。

自分がどんな記事を書きたいか

諸事情でなかなか家を空けられない等、「在宅で収入を得たい」と思う人には、クラウドソーシングという働き方はとても有り難い存在です。
特にライターの仕事は、得意分野さえ見つかれば、そこに特化してやっていくという方法もあります。
自分がどのような記事を書いていきたいかも視野に入れて検討しましょう。